050-3513-6894受付時間 月~金 9:00~18:00

プロフィール

ウィルチェアーラグビー 羽賀理之選手
SMK株式会社

Q 入社の動機、決め手になったことを教えてください。

ウィルチェアーラグビーのトレーニング時間を確保できる勤務形態と遠征費補助などの条件面を十分に整えてくださったので、入社を決めました。

Q 実際に入社してみて、職場の雰囲気はいかがですか。

特赦な勤務形態のため、出勤する日は少ないですが、非常に気にかけて頂いています。広報室の社員が所属するウィルチェアーラグビーチームのホームページや日本代表戦のLIVE配信などをチェックし、社内外に情報発信して頂いたりとサポート体制が充実していると思います。また、入社後すぐに会長、社長と面会し、激励のメッセージを頂いたので、会社全体で応援してもらえる環境であることを強く感じました。

Q 勤務内容を教えてください。

在宅での入力業務とスポーツによる広報活動業務がメインになっています。月2回は出社し、活動報告と定期ミーティングを実施しています。トレーニングは筋トレ、走り込み、チーム練習などを中心に週5日ほど実施しています。転職する前に比べて練習時間が多く確保できるようになり、非常に充実しています。

Q ウィルチェアーラグビーはどんな競技ですか

ウィルチェアーラグビーは、数ある車いす競技の中でも、頸椎損傷の四肢麻痺の選手が活躍できる団体競技です。1チーム4人でバスケットボールコートを利用し、競技専用のボールを使用します。スクラムはなく、ラグビーでは禁止の前方へのパスも認められています。コンタクトプレーの激しさと戦術の緻密さが競技の魅力です。

Q 競技者としての目標を教えてください。

当面の目標は、2016年のリオパラリンピックでメダルを獲得したいです。日本は2014世界選手権で4位の成績でしたので、メダル獲得が手に届くところにあります。また、個人としては日本代表で定着し、戦力となる選手になりたいです。2020年には東京でパラリンピックが開催されますので、その時には日本の主力として活躍したいです。

Q つなひろワールドのサービスを利用したご感想をお聞かせください。

同じチームの選手がつなひろワールドて転職し、紹介してもらったのがきっかけで登録しました。アスリート雇用に特化し、さらに実績も豊富にあったので、頼りになりました。企業への応募や面接日程調整、入社時の条件交渉等を全て担当頂いたので、非常にスムーズに転職活動ができました。

(2014年8月取材)

就職事例

人事課 桐野優子|著 武内圭|障がい者アスリートが会社を変える|つなひろワールド|障害者アスリートのための求人情報・雇用支援(株)つなひろワールド
世界をめざす障害者アスリートの活躍が、社員を変える、会社を変える!社内外にプラスをもたらす、新しい「障害者雇用」のカタチをストーリー仕立てでわかりやすく解説した書籍「人事課 桐野優子」
Amazonで購入する オーディオブックで購入する

障害者スポーツ情報はこちらから

つなひろワールドに関するご質問は下記よりお気軽にお問い合わせください。
株式会社 つなひろワールド
〒101-0026  東京都千代田区神田佐久間河岸84サンユウビル502